ほっとする2chまとめのまとめサイトです

ほ~っとなニュース

未分類

【悲報】バカ婦警「きゃあ!あたしの家に誰かいる!」 →自宅と間違えて部屋にいた住人を銃でジェノサイドwwwwwwww

投稿日:

【悲報】バカ婦警「きゃあ!あたしの家に誰かいる!」 →自宅と間違えて部屋にいた住人を銃でジェノサイドwwwwwwww

アメリカ 警察
    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2018/09/08(土) 16:19:50.46 ID:aLKr1rbMM.net

    米警官 「自宅と間違えて入った」アパートで発砲、男性死亡
    2018年9月8日 10:08

    【9月8日 AFP】米テキサス州ダラス(Dallas)で、警官が勤務明けに自宅と間違えて入ったとみられるアパートにいた男性に発砲し、
    死亡させる事件が起き、当局がこの警官を過失致死罪で起訴する方針であることが分かった。当局者が7日、明らかにした。

    発砲事件が起きたのは、今月6日夜。氏名未公表の女性警官は勤務終了後に制服を着たまま、ダラス中心部付近の高級複合ビルの中にある
    ボサム・シェム・ジーン(Botham Shem Jean)さんのアパートに侵入。
    ダラス警察は、2人の間でどんなやりとりがあったかは把握していないものの、女性警官がジーンさんに発砲した後、救急隊に連絡し、
    対応した救急隊員や警察官らに対して自分のアパートだと勘違いしていたと話していたことを明らかにした。

    ダラス警察のU・リネー・ホール(U. Renee Hall)署長は会見で、「非常に特殊な状況」で起きた事件だと説明。
    「警官が関与した発砲事件の通常のルールでは(この事件を)扱わないことにした」として、この警官の血液検査を行い、
    薬物やアルコールを摂取していなかったか調べていることを明らかにする一方で、「今のところは回答できることよりも質問の方が多い」と述べた。

    ジーンさんはカリブ海の島国セントルシア出身の移民で、2016年に米南部アーカンソー州にある私立のキリスト教系大学を卒業した後、
    ダラスにある大手の会計事務所で働いていた。

    姉のアリッサ・チャールズフィンドリー(Allisa Charles-Findley)さんは、「弟のために何が起きたのか知りたい」とネットに投稿。
    「ちょうど1週間前、誕生日プレゼントには何をあげようかと考えていたのに」「それが今では、ひつぎを選びに行かなきゃいけなくなるなんて」と心情をつづっている。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3188904

    4: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2018/09/08(土) 16:21:05.59 ID:+A6RA1iB0.net


    無敵やんこんなの

    6: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2018/09/08(土) 16:21:26.01 ID:2A+vM4Ro0.net


    なんという理不尽


続きを読む

-未分類

Copyright© ほ~っとなニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.