ほっとする2chまとめのまとめサイトです

ほ~っとなニュース

未分類

舛添要一『ネトウヨは、ナチスの反ユダヤ主義と同じであり、この国を全体主義へと導いていく』

投稿日:

舛添要一『ネトウヨは、ナチスの反ユダヤ主義と同じであり、この国を全体主義へと導いていく』

1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/08/14(火) 04:25:33.39 ID:Z7fX2NOd0.net BE:718678614-2BP(1500)

 ある特定の国や民族を標的にしたヘイトスピーチは、自国優先主義、人種思想、神がかり的選民思想に凝り固まったものである。様々な不満のはけ口として、またスケープゴートとして、ある国や民族を貶め、大衆の憎悪感を動員する。それは、ナチスの反ユダヤ主義と同じであり、この国を全体主義へと導いていく。

 ユダヤ人であるハンナ・アレントは、1933年のヒトラーの政権掌握後ドイツからパリに逃れるが、その著『全体主義の起源』(1951年)の中で、次のように記している。

*     *     *

 政治的に見れば種族的ナショナリズムの特徴をなすのは、自分の民族が「敵の世界に取り囲まれて」、「一人で全部を敵とする」状態に置かれているという主張である。
・・(中略)・・
種族的ナショナリズムはつねに、自分の民族は唯一独自の民族であり、その存在は他民族の同権的存在と相容れないと主張する。

 この種族的意識は、人間の本質の破壊に利用———ある意味では悪用———されるに至る遙か以前に、あらゆる政治を規制する理念としての統一的人類の可能性を理論的にも心情的にも否定してしまっていた。

(省略)

全文
http://lite.blogos.com/article/317733/


続きを読む

-未分類

Copyright© ほ~っとなニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.