ほっとする2chまとめのまとめサイトです

ほ~っとなニュース

未分類

【速報】韓国LG、SKHynix、Samsung、フッ化水素の国内生産化決定。1ヶ月後、ディスプレイ部門から

投稿日:

【速報】韓国LG、SKHynix、Samsung、フッ化水素の国内生産化決定。1ヶ月後、ディスプレイ部門から

1 : :2019/07/10(水) 23:08:53.56 ID:hvsUxpHe0

LG脫日本のプロジェクトを開始。フッ化水素国産代替
パク・ソヨン 入力2019.07.10。11:20 コメント366件

[アジア経済パク・ソヨン記者] LGグループが日本の半導体・ディスプレイの核心素材(フッ化水素、レジスト、フッ化ポリイミド)輸出規制を避けるためにフッ化水素国産化作業に突入した。

サムスン電子とSKハイニックスも日本供給線をさらに期待するのは難しいほどフッ化水素を国産に変える方針を立てたことが分かった。国内主要IT企業の素材「脱(脫)日本」プロジェクトが具体化し始めたのだ。

10日、関連業界によると、LGグループの系列会社であるLGディスプレイは、最近の生産工程で使用される素材であるフッ化水素を既存の日本産の国産に交換することに決定したことが確認された。LGの主力事業の一つであるディスプレイ部門が日本の輸出規制に支障を受けないための苦肉の策だ。

LGは国内A企業のフッ化水素製品を選定し、安全性のテスト作業を進めている。約1ヶ月のテスト期間が必要と伝えられる。LGは、テストを経て、安全性が確保されると、すぐに生産工程に適用する方針だ。

業界では、A企業のフッ化水素に対する期待感が高い。A企業はフッ化水素の原料である中国産蛍石やエキスを直接輸入及び抽出・加工・販売してきたメーカーとして知られている。LGはこのような経路で生産されるA社フッ化水素を採用する場合、日本の輸出規制を回避することができるものと判断している。LGディスプレーは、既存ステラ、森田などから輸入した日本産フッ化水素を使用してきた。

業界関係者は「LGディスプレイエッチング及び洗浄に使用されるフッ化水素を国産に置き換え可能であると判断し、テストを開始した」とし「機器の交換などは別途必要ありません安定性だけ確保されれば即座に採用が可能だろう」と伝えた。

半導体・ディスプレイの核心素材の国産化は国内素材産業の技術開発を導くという点で肯定的に評価される。その中でも、ディスプレイ部門は、半導体よりも要求品質が比較的低く素材の国産化が有利であると見ている。

半導体企業は1億分の1(ナノ)半導体プロセスで「ファイブナイン」(99.999%)級の高純度のフッ化水素を書く収率(生産量比欠陥のない製品の割合)が高くなり、品質も担保することができますが、ディスプレイの工程は半導体企業ではなく、材料の選択の幅が広い。

サムスン電子、SKハイニックスなど半導体企業もフッ化水素国産化カードを検討している。これらの企業は、国内フッ化水素製品を指名して、遅かれ早かれ、テスト作業に突入すると言われている。

ただし国産フッ化水素を製造工程に採用しても十分な量の確保が容易ではない。

半導体メーカーの関係者は、「フッ化水素は、日本で主に輸入されたが、国内でもすでに生産をしていて国産製品の生産工程を採用は困難ではないだろう」とし「物量的な面で追加の需要があることができ、継続的な監視をしている "と述べた。
https://news.v.daum.net/v/20190710112018184


続きを読む

-未分類

Copyright© ほ~っとなニュース , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

グロースファクター再生療法